1つでも当てはまる方は要注意です!まずはかがやき鍼灸整骨院に一度ご相談ください!

icon 何をしていても腰に痛みや張りがある

 

icon 毎年ぎっくり腰を繰り返す

 

icon コルセットをしていないと不安

 

icon 病院、接骨院、カイロプラクティック、マッサージ通ったが、一向に改善されなかった 

 

icon 湿布や飲み薬で痛みをごまかして仕事をしている方

 

icon 病院でヘルニア、狭窄症と言われたがどうしたらいいのかわからない

日本人のほとんどが経験する『腰痛』

腰痛は日本人の国民病ともいわれるほど多くの人に発症する障害で、特に40~60歳代の中高年に多く見られます。

また日本人は腰回りの筋肉が白人や黒人よりも細く弱いため、外国人よりも腰痛になりやすい傾向にあります。

男女の比較では、筋力が弱い女性の方が腰痛になりやすいと言えます。

腰痛の原因は腰の骨や筋肉の傷害によるものからストレスや他の病気によるもの様々ですが全て合わせると日本人の成人の90%が一生に一度は腰痛を経験していると言われています。

 

1,データでみる腰痛の多さ

・ここ数年、腰痛に悩む日本人の数は1000万~3000万人で推移しています。この数字はおおむね4~10人に1人は「腰痛持ち」ということになります。

 

・平成22年国民生活基礎調査の項目の一つである「自覚症状のある病気やケガ」では、腰痛は男性では1位、女性では肩こりについで2位という結果でした。

平成19年では、腰痛を自覚症状として感じている人は、人口1000人あたり約100人で、国民の10人に1人は腰痛に悩まされています。

通院している人の数を見ても1000人あたり約46人で、高血圧に次ぐ多さです。

 

・アメリカにおける腰痛の発生率は全人口の15~20%で45歳以下の就業不能原因の第1位となっています。

日本でも職場で腰痛が発生する件数は非常に多く、業務上疾病の約6割という高い水準です。

 

・過去に腰痛を経験したことのある人のうち約半数の人が現在も腰痛を抱えており、また肩こりのある人の7割、ストレスのある人の約4割に腰痛があると言われています。

 

・腰痛のほとんどは2~3週間でよくなりますが、再発率が高く、1年以内では30%10年以内なら80%の人が再発します。

そして5%の方が慢性化すると言われています。

 

2,腰と背骨は体を支える大黒柱

♦体の中で最も負担の多い『腰』

人間は大きな頭部を持ち、直立して二足歩行をするため、ほかの動物と比べて背骨に非常に大きな荷重がかかります。そしてその土台である腰の骨(骨盤や腰椎)にはとりわけ大きな負担がかかります。

腰は体重の多くを占める上半身の重みを支えるのに最も大きな役割を果たし、物を持ったり身体を曲げ伸ばししたりと、大小さまざま動きをするときにも1番負荷が加わります。

特に腰の背骨「腰椎」の一番下の、骨盤との境界部分には全体重の約60%がかかり、腰を前に曲げるとその4倍の負荷がかかります。そのため日常生活での負担がかかることが多く、比較的若い時期から腰椎などの障害が起こりやすい部位です。

放置すると危険なぎっくり腰

長い距離を車の運転をしたりした場合は、腰が痛くなることがあります。そういう痛みに危険性はありません。

しかし・・腰の痛みが全く楽にならず、激痛が続く場合は、注意が必要です

注意したほうが良い腰の痛みの特徴は?

icon足に麻痺や痛みが出ている

icon数日に渡り痛みが強くなっている

icon痛みがやわらがない。寝ても痛い

icon足がしびれる

こういった痛みの場合、脊髄や背骨に重大なことが・・・起こっているかもしれません。

ただ、重大なものであっても、早く対処をすれば改善する可能性が高くなります。

ぎっくり腰のケアで大切なこと

かがやき鍼灸整骨院ではぎっくり腰で起こる症状の変化に柔軟に対応します。

腰の痛みだとしても原因は様々です!

 

なぜなら内臓に問題があったり、結石などが原因になっている可能性があるからです。

かがやき鍼灸整骨院では徒手検査などでそれらの原因を特定します。内臓や脊髄などに重大な問題があれば専門機関への紹介を促しますのでご安心ください

 

私たちはぎっくり腰・腰痛への施術に自信があります!!

 

手技を中心に関節や筋肉を動かしたり、また鍼灸施術で痛みのコントロールを行ったり物理療法を行いながら痛みの早期改善をはかっていきます。

そして、痛みが改善された後、解剖学的に正しい位置に身体を整えていくことや、バランスの改善をはかってき、本来の動きができるように施術を行っていきます。

また、腰以外にも骨盤や股関節の施術も同時に行うケースもあります。

 

マッサージなどの手技やストレッチ整体、マイクロ波や超音波などの物療施術、また鍼灸施術の併用などであなたの身体を早期回復に導きます!

まずは一度お電話もしくはLINE@でご相談ください!


電話での予約はこちらから!

電話番号【053-545-5010】

LINE@での予約はこちらから!

ぎっくり腰はなぜ起こるのか?

ここでぎっくり腰の仕組みについて少しお話したいと思います。

ぎっくり腰は正式名称は「急性腰痛症」です。ぎっくり腰は通称で、病名や診断名ではありません。

ぎっくり腰は

①急激に発症する腰痛

②動作による痛みの悪化

③明らかな神経痛や麻痺などを合併しない

④レントゲンやMRIでははっきりした異常所見がない

⑤比較的短期間で治る

などを満たすものをいいます。すなわちはっきりした診断はつかないが短期間でおさまる腰痛と言えます。

ぎっくり腰は些細なきっかけでも突然起こることがあります。またぎっくり腰は腰痛症と呼称される場合もあります。

 

主な原因には長時間の立ち仕事や中腰などの不自然な体勢、姿勢の悪さ、疲労、運動不足、冷え、肥満、体のかたさ、古傷、ストレスなどがあげられます。

中でも、筋肉疲労や背骨の歪みを蓄積することで起こりやすいとされています。

そこに前述のような動作が引き金となって発症するケースが大半ですが、中にはもともと腰の病気があり、特に無理な動作をしたわけではないのに急に発症するケースもあります。

腰の痛みが治らない・悪化する理由は?

腰痛を繰り返す原因は筋肉の硬さやこりだと思われがちですが、実はそうではありません。

筋肉の硬さやこりも原因の一つではありますが、根本的な部分で身体が本来の正常な状態を忘れてしまっていることが痛みに繋がっているのです。

 

例えば10年来の腰痛を持っている方の状態を見てみると、痛みが出るような姿勢を長年続けていることで悪い姿勢を身体が記憶してしまっています。

そのため、マッサージなどを受けてもその場でよくなった気がしても本質的には状態は良くならず

記憶した悪い姿勢へと戻ってしまうのです。

腰痛の回復のためには、まずは骨盤の位置を正しい状態に戻す必要があります。

骨盤が正しい位置に戻ることで骨格や筋肉のバランスも正常に近づいていきます。

悪い状態を放置していると、分離すべり症や腰椎椎間板ヘルニアなどにも発展してしまうリスクがあります。

ぎっくり腰になった直後は冷やしましょう!

発症直後に痛みが強すぎる場合、まずは楽な姿勢を心がけてください。ぎっくり腰は名前の通り腰の痛みなので、できる限り腰に負担をかけない姿勢をとることが大切になります。

ぎっくり腰になった直後は痛みのある部分に※RICE処置を行いましょう!

※RICE処置とは?

ぎっくり腰や足首のねん挫など急性期の炎症に対して行われるのが「RICE」と呼ばれる処置です。

RICEは英語の

「Rest(安静)」

「Icing(冷却)」

「Compression(圧迫)」

「Elevation(挙上)」

の頭文字を取ったものです。炎症を起こしているとズキズキと痛むので、とりあえず冷やして炎症を鎮めることが重要です。そのうえでコルセットなどをもちいて圧迫すると、痛みを軽減することが可能です。ぎっくり腰の場合、足を心臓より高く挙上するときことは好ましくないので必要な処置を取ったら、後は楽な姿勢で休むようにしましょう。

 

痛みが始まった時期を急性期と呼び、この時痛みがある部分では炎症が起こっている状態になってます。急性期の間は温めるようなことをしてはいけません!!

その炎症を抑えるため、湿布や保冷剤、氷嚢などを使って冷やす必要があるのです。

その後、発症から2~3日後痛みが落ち着いたタイミングで身体を少しずつカラダを動かしましょう。

長時間安静にしているより、少しずつからだを動かすことで回復が早くなります。例えば自宅の中を散歩してみる、入浴を再開するなど可能な範囲で体を動かしましょう。

 

腰の痛み以外に、激しい熱や大量の冷や汗のような症状が出ている場合は注意が必要です。

ぎっくり腰の原因として腎結石や膵炎などほかの病気が隠れている可能性があるので、熱や冷や汗も発症する場合は早めに病院に行きましょう。

ぎっくり腰の処置のポイント

整骨院では柔道整復師や鍼灸師、指圧師などという国家資格を持った施術者がぎっくり腰・腰痛へアプローチをしていきます。

慢性的な腰痛は整骨院で施術を受けることで痛みを緩和させることができます。

 

整骨院のぎっくり腰に対するアプローチはマッサージや整体、骨盤矯正、超音波などの物理療法、鍼灸を用いた施術です。これらの痛みを和らげる施術を受けることで日常生活がグッと楽になるでしょう。

 

ぎっくり腰・腰痛といった身体の異常感覚や違和感を改善していくためには、人体の構造を理解していることが必要になってきます。

かがやき鍼灸整骨院の施術スタッフは、全員が厚生労働大臣認定の国家資格を取得しています。

医学的知識はもちろんですが、日々の症例報告会を通じて研鑚を重ねています。

ぎっくり腰・腰痛の解消はもちろんですが、それによって引き起こされるその他のお悩みもご相談にのれますのでいつでもお気軽にご相談ください!

電話での予約はこちら!

電話番号【053-545-5010】

LINE@での予約はこちらから!

ぎっくり腰・腰痛施術の流れ

1、お悩みをお聞きします!

ぎっくり腰・腰痛どのような事で困っているか、どのようになりたいかなど、お悩みを丁寧に時間をかけてお聞きします。また、どんなお悩みでも伝えていただきやすいよう、個室を利用しプライベート空間を大切に考えております。そして、そのお悩みに対して最善の提案と施術プランを作成していきます。その際にお客様に不安がないよう、事前に施術でいくらかかるか施術料金を丁寧に説明させていただき、納得していただいた上で施術を開始させていただきます。

2、どこにどのような痛みがあるのか確認します!

施術前に腰周りや股関節の動きを出来る範囲内で確認します。その際に筋肉の動きや、骨の動き、連動性、関節に痛みがあるかの確認を行います。

また激しい痛みやお尻や足先までに痺れがあるかなどの症状があるか確認しながら診察を行っていきます。

 

3,腰周りの筋肉を緩めます!

ぎっくり腰のことを医学的には「急性腰痛」と呼んでいますがその多くは筋肉・筋膜性の急性腰痛で、腰部の筋繊維が断裂することによって、ズキズキする痛みを発しているのです。

つまり断裂した筋肉がくっつけば大本の痛みは軽減するということです。

断裂などというと大げさに聞こえますが、運動後の筋肉痛も筋繊維が断裂することで起こっています。

そこから考えていくとぎっくり腰の場合も痛みの強い「急性期」は最初の2日から3日程度は続くと考えられます。

その後痛みは残るものの何とか日常生活を送れる期間が約10日ほど続くと言われています。

もちろんぎっくり腰の症状にも個人差があるので痛みがの度合いは変わってきます。

急性期が終わり、痛みが少し落ち着いてきたところで固まっている筋肉を緩めていき、筋肉のコンディションを整えていきます。

緩めることで筋肉の柔軟性が上がり、可動域を広げることで痛みの緩和をはかってきます。

4、筋肉の固さ、痛みがあるところに鍼灸治療を行います!

ぎっくり腰・腰痛に対しての鍼灸施術の効果を簡単に説明すると、主に3つの効果があります!

 

①筋肉の緊張を緩める効果

ぎっくり腰とは筋肉が部分的に断裂してしまっている状態をいいます。断裂してもある程度は数日間かけて修復してくれます。ただし、元通り修復するわけではありません。

※瘢痕化をして治ります。

この瘢痕化した部分というのは元の筋肉のように伸びません!つまり、一度ぎっくり腰を起こした筋肉というのは本来の100%を発揮することができなくなるのです。

ですが瘢痕化を起こしていない部分の筋肉はちゃんと伸びます。なので、周りの筋肉を緩めて、100%に近い状態にしておけばぎっくり腰を起こしにくく、また予防にもなります。

瘢痕化とは?

たとえば皮膚を大きく擦りむいたときはかさぶたができ、とれるとピンク色の皮膚になって、一生残る場合がありますよね。これを瘢痕化といいます。この瘢痕化が筋肉内でも起こります。

 

②血流改善効果

鍼を刺すと、体内では鍼を異物と捉えます。そのため鍼灸施術の直後、局所では免疫細胞が集まってきます。(この免疫細胞の集まりを炎症といいます)

炎症によって、体の修復を行ったり、血流を改善するような働きが起こります。

血流が改善されると痛みの原因となっている発痛物質を洗い流してくれるので、ぎっくり腰の痛みが和らぎます。

 

③内臓の働きの改善効果

鍼灸施術において、ぎっくり腰の場合は手足やお尻、脛などに鍼をうつことがあります。それらの場所にに鍼を刺すことにより体の神経の反射が起き、それにより内臓が活発に動きます。

内臓が動くことにより代謝が上がります。また肝臓が活発化すれば解毒作用が上がったり、胃腸が活性化すれば毒素を排出する働きが上がります。

そうすることで結果的に体の悪いところを治そうとする自然治癒能力が高まります。つまり人間の持つ自然治癒能力によりぎっくり腰や様々な症状の緩和ができます。

 

それだけじゃない!物理的に深い筋肉まで届くのが鍼灸治療!

鍼灸施術のぎっくり腰への効果について、「筋肉を柔らかくする効果がある」とお伝えしましたが、なぜ鍼灸施術がいいのか?マッサージでも柔らかくできのではないか?と考える人もいらっしゃると思います。

なぜ鍼灸施術の方が効果があるかというと物理的に深い筋肉にまで刺激を与えることが出来るからです。

マッサージでは皮膚の約1㎝から2㎝ほど下の筋肉に刺激を与える事ができますが、鍼灸施術では皮膚の5㎝下でも狙うことができるため奥底にある硬さを取り除くことができるため、鍼灸施術を行うと肩こりや肩の痛みに効果があるといわれます。

 

5、自宅でのセルフケア

院内での施術と合わせて、ご自宅でのストレッチや運動を行っていただくことによって、改善された体を長く維持させることができます。当院が目的としている根本改善に加え、セルフケアを身につけていただき生涯健康のツールとしてお役に立つことができれば幸いです。毎日頑張らずに、簡単で効率よく効果のあるケア方法をその都度ご紹介し、「継続することが楽しい!」「ストレッチすると体が楽になるし、簡単だから続けられる!」とお客様からの声を多数いただいております!

ぎっくり腰・腰痛へのQ&A

お役立ち情報

ぎっくり腰・腰痛の施術プラン

ぎっくり腰・腰痛の原因とは?

電話での予約はこちらから!

電話番号【053-545-5010】

LINE@での予約はこちらから!

院長メッセージ

施術時間

 
午前 -
午後 --

【月~金】
午前9:00~午後8:00
【土】
午前9:00~午後12:00
【定休日】
日・祝

所在地

〒434-0035
静岡県浜松市浜北区
寺島2377-4
・大通りでゆったりスペース 駐車場11台
・キッズコーナーあり
・ベビーカー院内持ち込み可能
・個室あり

053-545-5010

お問合せ・アクセス・地図

【ぎっくり腰・腰痛でお悩みの方は、浜松市浜北区のかがやき鍼灸整骨院へ】

かがやき鍼灸整骨院では、ここ浜松市浜北区でこれまでに数多くの方を施術させていただきました。生活の中でぎっくり腰になって辛い思いをしたり腰に違和感、痛みがが生じることがありませんか?
地域に根ざした鍼灸整骨院として、皆様のそうした痛みが一日でも早く改善するように心を込めて施術をさせていただいております。おかげさまで、浜松市浜北区の方だけではなく、様々な地域から、お子様からお年寄りまで幅広い年齢層の方にお越しいただいております。
それぞれのお客様のその日のお体の状態に合わせたオーダーメイドによる施術をさせていただいておりますので、さまざまな年齢の方に、そしてさまざまな痛みを抱える方に、安心して施術をお受けいただけます。痛みを我慢していると、生活の中のさまざまな場面で影響が出てしまう事が多いです。
また、お体の状態によっては、我慢して鍼灸整骨院での施術を受けずにいることで痛みや違和感などが後に残ることや長引いてしまうこともあります。軽い痛みの場合でも、放置しているとだんだんと強くなってくることがありますので、ケガやお体の痛みは、我慢せずかがやき鍼灸整骨院までご相談ください。
軽い痛みでも悪化する前にしっかりと対応しておくことが大切と考えておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
鍼灸整骨院に通院することが初めての方にも気楽にご来院いただき、気になることをお話しいただき、そしてゆったりと施術をお受けいただけるよう、当院ではリラックスできる空間づくりについても大切にしています。平日はもちろん土曜日にも施術をおこなっておりますので、お仕事の関係上、平日に接骨院に通院することが難しいという方にもお越しいただけます。
皆様のお体に関するお悩みが一日でも早く解決するようサポートさせていただきますので、お体のお悩みがおありの方は一度当院までご相談ください。

PageTop